函館の建築家 『北崎 賢』日々の仕事と遊び

<   2017年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧




シンプルなインテリアに馴染む素敵な神棚

シンプルなインテリアには、仰々しく無いデザインの神棚
を置きたいですね。
クライアントにお勧めしているのが、こちらの神棚です。

d0217833_14553422.jpg


小さく壁をくり抜き、設置すると、、、

d0217833_14561114.jpg

d0217833_1503152.jpg


こんな感じで、シンプルでインテリアに違和感無く設置可能です。

設計段階から、神棚の設置場所/神棚の大きさなど想定して
インテリアに馴染んだ神棚を設置したいですね。

d0217833_14582622.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-09-21 08:52 | デザイン | Comments(0)

メルセデスSL550から学ぶ 建築との向き合い方

先日、試乗したメルセデスSL550(以前ブログはこちら)

車の凄さを実感しつつ、建築への向き合い方を少し学びましたね。
車から学びを得る事は、おかしい事かもしれませんが、、、 

d0217833_1359474.jpg

排気量 4.6L V8ツインターボエンジン 455馬力、、、、アバルト3台分のパワー
車両価格1,698万円!!
d0217833_13595931.jpg


5人が乗れるサイズの車にゆったり2人乗り、ボタン一つで屋根を開閉し
オープンカーに早変わり、、、

d0217833_13595229.jpg

エコカーの対極を行く車で、『有り余るパワーと風格が必要か?』
なんて、考えてしまう存在のメルセデスですね。

d0217833_140184.jpg

運転しながら、V8エンジンの圧倒的なパワーとエンジン音に
畏怖の念を感じたり、漫然と運転している時のまろやかな
乗り心地と絶大な安心感は、『このまま帯広まで500キロ運転したい!』
と思わせるフレンドリーな車でもあります。


そこで思った事が、無駄で過剰で余裕あるパワーや乗り心地を持った
オープンカーから、『無駄で余白を持った空間を持つ建築は必要だな』
と感じましたね

1人で読書するだけの場所や気候の良い時期しか使えないテラスなど、
建築を魅力的にする余裕を感じる場所が必要だと、メルセデスSL550
から学びましたね。
d0217833_140633.jpg

d0217833_14195611.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-09-20 14:31 | くるま | Comments(0)

秋の夜長を楽しむ リビング照明

d0217833_9361710.jpg


夕暮れが早くなり、照明を灯す時間が伸びて来ましたねー
今日は、照明を楽しむリビング空間を紹介です。

d0217833_9365579.jpg

ペンダント照明を灯し、親密なテーブルでの語らいを楽しむ

d0217833_9364958.jpg

食事を楽しむ時は、天井の梁を照らす照明を灯して過ごす

d0217833_9404311.jpg

食事時、就寝前など時間帯で照明を切り替えて、秋の夜長を楽しみたいですね。

d0217833_942141.jpg


[PR]



by kitazakis | 2017-09-19 09:43 | デザイン | Comments(0)

何色で仕上げる? 自分スタイルの寝室

プライベートな寝室だからこそ、自分スタイルで仕上げる、、、

d0217833_1454965.jpg

好きな色のウッド ブラインドと朱色の壁をアクセントに、、、

d0217833_146756.jpg

梁を見せたラフ仕上げの天井に、上品なシャンデリアを飾る
絶妙なコントラストが面白いですね。

d0217833_1454128.jpg

寝室って住まい手の個性が生かされますね!

d0217833_146141.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-09-14 14:09 | デザイン | Comments(0)

平日の平凡な日常風景

今日は、天気が良く、、、のんびり気分な感じです。
d0217833_11181642.jpg

最近、デスクの位置を変えて仕事場の雰囲気を変身、、、、
窓越しに街なみ眺めて、建築デザインの仕事中

d0217833_11212737.jpg

キッチン横の窓を全開で、昼食準備したり、、、
d0217833_11224020.jpg

全開の窓から中庭を眺めたり、、、

d0217833_11233332.jpg

午後からは中庭のソファで仕事したり、、、

d0217833_1124367.jpg

夕方からは西日差し込む ラウンジで読書、、、

SOHOスタイルで仕事を始めて15年 

これからもオープンハウスを通じて出会った方々と家づくりをして行くんだろうなー

d0217833_1128877.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-09-13 11:29 | 日常 | Comments(0)

木々に寄り添って建てる家

d0217833_155322.jpg


建築予定の敷地に樹木があるなら、それらに寄り添って
建築を建てたいですねー

d0217833_156250.jpg

木々に寄り添って建てると、リビングが木漏れ日空間に、、、、

d0217833_1561995.jpg

テラスがあると、木々をタッチ♫

d0217833_1572952.jpg

季節ごとの風情も味わえます。

詳しくはこちら
[PR]



by kitazakis | 2017-09-12 09:03 | クリハウス | Comments(0)

敷地前に電線が無い スッキリ感

なかなか無いのですが、、、
敷地前面に電線が無い敷地が、たまにあります。

d0217833_832527.jpg


運良く隣地で、電線が終着点となっていて、
空に黒い線が存在を主張する事がないですね。

d0217833_833431.jpg

室内からの風景だって、電線に邪魔されず『すっきり』ですねー

電線が無いだけで風景が、だいぶ違って見えますね。

詳しくはこちら
[PR]



by kitazakis | 2017-09-11 08:27 | オオゾラハウス | Comments(0)

天井高さ3mの開放的な、明るいパントリー

『キッチンとパントリー』このキーワード検索が多いので、
今まで設計した住宅のパントリーとキッチンを図面と写真で紹介します。

僕は、『すっきりした空間で素敵に毎日を過ごす』設計を目指していて、
自然な成り行きで『パントリー』を設計に組み込んでいます。
ありがちな『主婦目線の家づくり』、、、を売りにしていませんので、
ご了承下さいね(笑)
『普通に設計したらパントリーがあった』これがコンセプトです!

今回は『クリハウス』

d0217833_14365680.jpg

階段そばにキッチンを配置しました。
『クリハウス』は2階にリビング/ダイニングがあり、キッチン背後に
パントリー配置型プランです。
d0217833_14334063.jpg

キッチン全景
パントリーは、南面に配置しました。
理由は、南側隣地に建っているアパート外廊下と玄関ドアがあり、
大きな窓を付けられないので、あえてパントリーを配置しました!

d0217833_1433722.jpg

南側の日差しは、パントリー越しにリビングへ届けます。
これでアパート住人から室内を見られる心配がありませんね。
d0217833_14443588.jpg

アパート外廊下から見た『クリハウス』
2階キッチンやパントリーが見えませんね!
d0217833_143315.jpg

パントリーの隣に家事室
d0217833_14331532.jpg

システムキッチンは一般的なTOTO製
d0217833_1436138.jpg

キッチン上部の照明は、照明器具が可動するダウンスポットライト(もちろんLED)
d0217833_1436689.jpg


d0217833_14485775.jpg

キッチンから見た風景
窓越しに雑木林や大野川のせせらぎを鑑賞可能な、
眺望の良い場所にキッチンを設計?(羨ましいです)

オープンハウス開催中ですよー
d0217833_14362549.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-09-08 10:52 | パントリー/キッチン | Comments(0)

小さな空間だからこそ カラフルトイレ

小さな空間だからこそ、クライアントの遊び心を
発揮して欲しい場所『トイレ』
カラフル仕上げのトイレを紹介です。

d0217833_15314855.jpg

淡いブルーで仕上げたトイレ
詳しくは、『樹間の家』(クリック)

d0217833_1530336.jpg

d0217833_15304190.jpg

1階を鮮やかなイエローで仕上げたトイレ 
クライアントイメージは、モーツァルト生家の外壁色です。

d0217833_15293888.jpg

d0217833_15295195.jpg

2階をピンクで仕上げたトイレ 
詳しくは『集学の家』(クリック)

d0217833_15322075.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-09-08 08:28 | デザイン | Comments(0)

朝の風景 格子から差し込む朝日

木格子の隙間から光を取り込むと、様々な影で空間演出が出来ます。

d0217833_1044199.jpg

玄関を木格子で覆い、朝日が差し込む玄関にする事で
毎日のお出かけが楽しくなります。

d0217833_10433566.jpg

同じ木格子でも、格子の色や格子の形状で差し込む影が変わりますね。

d0217833_10431724.jpg

木格子の間隔を狭めると繊細な光を差し込ませる事も可能

d0217833_10425072.jpg

木格子の使い方には、可能性がありますね♫
[PR]



by kitazakis | 2017-09-07 09:42 | デザイン | Comments(0)

函館の建築家です。日々の建築デザインや好きな車,日常の出来事を掲載してます。
by kitazakis
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

ブログジャンル