函館の建築家 『北崎 賢』日々の仕事と遊び

<   2017年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧




気になる建築費

d0217833_14133496.jpg


最近、オープンハウスで聞かれる質問で多いのが、
『建築費はいくらでしょうか?』
やっぱり気になりますよねー?
一番重要なのはそこですよね!
『デザインも素材も間取りも普通に見えないからやっぱり高いんですか?』
家を褒めて頂けるのはうれしいのですが、やっぱりそれなりに
建築費が高いのであれば問題外、、、

では、サクラハウスはいくらなのか。
ずばり発表します!!

建築費 3,300万円(税込み)カーポート、コンクリート塀、広場など全て含む
設計料 220万円(税込み) 

となります。
どうでしょうか?
高いでしょうか?
建築家がこだわって土地探しから設計、現場監理をしてデザインに愛情を注ぎ込んだ一品制作の家。
判断するのは、お客様次第です!!
d0217833_14122841.jpg

こんな広場も建築費に含んでます。
d0217833_14114360.jpg

窓は全て木製断熱窓
d0217833_1411683.jpg

好きなクルマを眺める寝室

まずは、来ませんか?
オープンハウスへ。
d0217833_14154913.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-04-19 14:17 | サクラハウス | Comments(0)

設計料について

d0217833_1441442.jpg


気になる設計料について、、、、
ウェブサイトに詳しく設計料/建築工事の流れを掲載する事にしました。

詳しくはこちらをクリック
[PR]



by kitazakis | 2017-04-19 14:04 | 建築家提案 | Comments(0)

融合したパントリー

『パントリー』と『キッチン』
今回は『深いひさしの家』

住まう方々の個性に合わせて、設計スタイルを柔軟に変化させ、
様々な建築を作り出す事を醍醐味とする僕の設計姿勢を見事に
体現させてくれたのが今回の建主でした。

d0217833_9412516.jpg


今までは、キッチンの『横』や『背後』に3帖程度のパントリーがあり、
冷蔵庫などを格納していましたが、『深いひさしの家』では、
『パントリー』と『洗濯室』が融合しました。

d0217833_9403767.jpg

キッチン側から浴室を見る
奥行き5M以上の細長い空間を、『洗濯室』や『パントリー』として
自由に使うスタイルで、勝手口を設けました。

玄関への裏動線としても活用可能です。

d0217833_940442.jpg

浴室からキッチンを見る

d0217833_9405276.jpg

来客用の洋服掛けなども完備

d0217833_9402561.jpg

キッチンは、『ステンレスフレームキッチン』(エクレアパーツ製)

d0217833_9401922.jpg

キッチンとダイニングテーブル(特注)を、一体型にてデザイン

建主の生活スタイルへのしっかりとした考え方が反映された機能空間となりました。

d0217833_9453394.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-04-19 08:43 | パントリー/キッチン | Comments(0)

上質なタイル

現在、ヘアサロンの増築リノベーションに携わっているのですが
外壁に仕上げるタイルを検討中です。

d0217833_105599.jpg

3色のサンプルタイルを取り寄せました。

色は、ツヤ無しの白を採用予定

タイルが湾曲していて、仕上げると『下見板貼り』で凹凸があります。

真っ平らに仕上がるタイルとはひと味ちがう、外観になるでしょうね♫

タイルは、名古屋モザイク 『アークソイル』です。
[PR]



by kitazakis | 2017-04-18 08:54 | デザイン | Comments(0)

E-PROJECT−3

紹介するプランは初期案ですが、 進行中のプロジェクトを紹介します。
函館市某所でのプロジェクトです。

インテリアプラン紹介です。

建築概要と要望
夫婦と子供が一人、母親との2世帯住宅です。
世帯間の独立性を保ち、皆が集まる明るく暖かな居間を中心に発想してほしい。客間になる和室と十分な収納量、包容力のある空間にしてほしいとの事

d0217833_11234483.jpg


d0217833_11235124.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-04-17 13:22 | デザイン | Comments(0)

光の教会

9月末から国立新美術館で『安藤 忠雄展』開催されますね!

いやー

楽しみです♫

なぜなら、『光の教会』を屋外に実物を再現するから!!

僕は、16年前大阪府茨木市にある教会を実際見ています。
静寂の空間に現れる、光の十字架を見た感動は忘れません、、、、

d0217833_10283543.jpg

2001年 撮影
1月に見学したのですが、他に見学者が居なく、
ゆっくりと空間を体現させてもらいました。

d0217833_1030766.jpg

光の十字架横は、大窓になっていて天井と壁の隙間から光がもれています。

d0217833_10292127.jpg

光の十字架を背に写真撮影

d0217833_10285988.jpg

家具は、簡素な素材で作られていますね。
シェーカー家具を想起させます。
素朴で骨太な家具でした。

d0217833_1031125.jpg

外から見た風景

ちなみに、当時見学予約をして茨城駅から徒歩で向かいましたが
簡素な地図を頼りに、教会を探しましたが閑静な住宅街の一角に
あるため、教会を見つけるまで2時間!! 歩き回りました(笑)

おかげで、今でも教会の場所は忘れません。

d0217833_10304520.jpg

教会を見つけた時の感動と空間を体感した時の感動は、ずっと忘れないでしょうね。
[PR]



by kitazakis | 2017-04-17 08:27 | 旅行記 | Comments(0)

E-PROJECT−2

紹介するプランは初期案ですが、 進行中のプロジェクトを紹介します。
函館市某所でのプロジェクトです。

平面プラン紹介です。

建築概要と要望
夫婦と子供が一人、母親との2世帯住宅です。
世帯間の独立性を保ち、皆が集まる明るく暖かな居間を中心に発想してほしい。客間になる和室と十分な収納量、包容力のある空間にしてほしいとの事

親世帯/子世帯それぞれの場所を明確に分けて、角度をつけて配置する事で
視線の交わりを軽減します。
d0217833_1117398.jpg


d0217833_1118227.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-04-16 09:16 | デザイン | Comments(0)

E-PROJECT−1

d0217833_10452321.jpg

紹介するプランは初期案ですが、 進行中のプロジェクトを紹介します。
函館市某所でのプロジェクトです。

建築概要と要望
夫婦と子供が一人、母親との2世帯住宅です。
世帯間の独立性を保ち、皆が集まる明るく暖かな居間を中心に発想してほしい。客間になる和室と十分な収納量、包容力のある空間にしてほしいとの事
d0217833_11143180.jpg

d0217833_11142699.jpg

d0217833_10452321.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-04-15 11:15 | デザイン | Comments(0)

自立女子の家-3

『自立女子の家』最後は外観デザインです。
塗り壁を前提とし、温もりと手触りの良い外壁を考えています。
色や塗り方(仕上げ方)などはお好みで仕上げたいですね!


d0217833_10105092.jpg

d0217833_1010576.jpg

エントランスの風景です。玄関ドアを羽目板で仕上げ、両サイドも同じ羽目板にしました。
上の木製窓の幅に合わせ外観上の統一感を。
d0217833_10105497.jpg

正面よりの風景。玄関が斜めに傾けているのが外観の特徴ですね。
玄関上のラウンジの窓も斜めに傾ける事で外からのラウンジへの視線を緩やかに遮ります。

外壁が傾いているのは、車庫入れの時にバックで進入しやすくする為と、
運転席ドアを全開で開放する事が出来るよう配慮した為です。
(壁にぶつかる事を気にせずドアは全開したいですよね)
その事で、外観に斜めの壁が現れ、デザイン上のアクセントとなりました。
d0217833_1011124.jpg

建物裏の風景です。
大きく張り出した庇が特徴です。
[PR]



by kitazakis | 2017-04-14 14:30 | 空想建築 | Comments(0)

自立女子の家-2

自立女子に住んでもらいたい建築家提案の住宅プラン。
インテリアの紹介です。

壁の配置によって幾つかの空間を緩やかに作り出すコンセプトです。
基本は広いワンルームですが、適度な距離感を保った空間が出来たと思います。
d0217833_10393577.jpg

階段を上がった時に広がる居間の風景です。奥の淡いピンクの壁は外壁と同じ素材、同じ色で仕上げる計画です。室内にいても外が感じられると良いなぁとの思いから考えてみました。この壁の裏がキッチンと食堂になっていますから、キッチンが多少散らかっていても気になりませんね。
d0217833_1039546.jpg

ソファからの眺めです。幅2.7Mの窓を2つ配置しました。室内に広がりと陽の光をもたらせます。
d0217833_10394313.jpg

ラウンジの方から見た居間です。窓から屋根の庇がちらっと見えます。ここでも外観を室内から感じられる配慮をしてみました。
d0217833_1040432.jpg

ラウンジです。床は黒のタイル。壁と天井も黒の塗り壁仕上げ。落ち着いた一人だけの空間を作り出してみました。居間の方向も少し見る事が出来ますので閉鎖すぎる雰囲気はありません。もちろん自分好みの配色でもOK! 自分らしく作り上げたいですね!
d0217833_1040084.jpg

キッチンからの風景。
食卓テーブルの高さに合わせた低めの窓にする事で親密な空間に。
居間との適度な距離感が良いですね。
[PR]



by kitazakis | 2017-04-14 10:57 | 空想建築 | Comments(0)

函館の建築家です。日々の建築デザインや好きな車,日常の出来事を掲載してます。
by kitazakis
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新の記事

ブログジャンル