函館の建築家 『北崎 賢』日々の仕事と遊び

<   2017年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧




板格子

今回は、『縦格子』を用いた建築を紹介。
独立当初は、『縦格子』を用いた建築が多いのですが、
再び、格子を使う建築を設計するようになってきました。

d0217833_11525959.jpg

2004年 テラスを覆う縦格子

d0217833_115246100.jpg

2005年 道路からの視線を隠す縦格子

d0217833_115366.jpg

2006年 狭い路地を行き交う人の視線を遮る縦格子

d0217833_11544566.jpg

2008年 朝日を取り込む縦格子

d0217833_11545629.jpg

2016年 朝日を取り込む縦格子
[PR]



by kitazakis | 2017-03-16 08:50 | デザイン | Comments(0)

独立当初の仕事

3月末から工事開始の現場、4月から新たな基本設計スタート
忙しく仕事をさせてもらってます。


最近、独立当初に設計した仕事をウェブサイトに掲載するため整理中なのですが、
この時に様々なデザインに取り組んだ事が、現在の仕事
に生かされていると感じますね。
d0217833_11455672.jpg

d0217833_11452269.jpg

d0217833_1145398.jpg

d0217833_1145039.jpg


ざっと写真を並べても様々なデザインがありますねー
[PR]



by kitazakis | 2017-03-15 08:42 | デザイン | Comments(0)

デザインヒント

様々な場所への旅行を経て、自邸の設計に取り掛かったので
パリでは、こんな街並にヒントを得てデザインした思い出があります。
d0217833_11232310.jpg

人が佇み、大きな扉が開いている風景から玄関ドアを大きくしようと決めたり、、

d0217833_11301743.jpg

自邸の大きな玄関ドア

d0217833_1133258.jpg


モルディブのヴィラからは、壁と植物で囲われたプールとデイベッドの
スペースから、自邸広場のデザインヒントを得たりしましたね。
d0217833_1138736.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-03-14 08:22 | サクラハウス | Comments(0)

建築の裏側

パリ『ポンピドー センター』有名な建築ですね
設計は、レンツォ ピアノ氏

d0217833_11152699.jpg

正面からの風景は有名ですが、裏側のデザインはどーーーなっているのか。

気になります。

d0217833_1115675.jpg

カフェから見た正面

さて、裏通りに行って見てみましょう!
d0217833_11154393.jpg

d0217833_11155284.jpg


おお!!
カッコいい!
建物の設備配管や設備機器などがメンテナンスしやすく、露出されてます。
各配管の配色も素敵で、これ自体がアートですね。
メンテナンスもしやすいんだろうなー と感じます。

歴史的な街並に配管剥き出しのデザインを許容するとは、パリ凄い。
[PR]



by kitazakis | 2017-03-13 10:13 | デザイン | Comments(0)

現場の職人たち

自分の作り出したい建築を手書きのスケッチや設計図で伝えますが、
実際のかたちにしてもらうのは、『職人』ですよね。

現場記録写真の中から、『職人』たちの写真を集めてみました。

d0217833_11485660.jpg

夏空の屋根で作業する『板金職人』


d0217833_11503856.jpg

夏空、木漏れ日下で黙々と作業する大工さん

d0217833_1151817.jpg

資材搬入作業中の大工さん

d0217833_11515319.jpg

真冬の屋上で作業する大工さん

d0217833_1155228.jpg

100キロ以上ある重い、トリプルガラスを取り付ける職人

様々な職人たちに支えられ、建築は出来るのですね。
[PR]



by kitazakis | 2017-03-11 08:44 | 日常 | Comments(0)

オープンハウス開催です。

先日の月曜日(6日)夕方から見学にお越し頂きましたが、
丁度、雪が降ってきた自邸を見て頂きました。
d0217833_118344.jpg


屋外は、冬景色に雪模様、、、、室内は暖房も付けず暖かな空間で
大変驚いていた様子でした。
僕は、デザイン性を重視していますが、それ以上に高気密/高断熱
に力を入れています。
今後は、太陽光や断熱材の厚みをさらに増やすなど
『デザインと断熱技術の両立』に力を入れる目標です。

そこで!

春のオープンハウス開催中です(こちらをクリック)
d0217833_116142.jpg

東北地方から新幹線でお越しの方は、新函館北斗駅までお迎えに上がります。
お気軽に申し付け下さい。
[PR]



by kitazakis | 2017-03-10 09:57 | 日常 | Comments(0)

工事現場からのヒント−2

工事現場はデザインアイデア宝庫だと思います。
今回も工事途中に見つけた『次へのアイデア』を紹介です。

『樹間の家』
d0217833_10384515.jpg


綺麗に組まれた木下地、、、天井を貼るのがもったいない(笑)
アッパー照明で演出したくなりますね
d0217833_10373067.jpg

完成するとこんな感じ

『黒箱』
d0217833_1043737.jpg

間仕切り壁が仕上がる前の綺麗に整理整頓された現場
このままでも住めそうな綺麗さ、、、
d0217833_10464532.jpg

完成した風景 
白を基調とした美しい空間♫ 
[PR]



by kitazakis | 2017-03-09 08:37 | デザイン | Comments(0)

テラスの作り方

日曜からずーと雪です、、、、
早く、雪が溶けてテラスで過ごしたいものです。

そこで、ウェブサイトトップページはテラス特集です(ここをクリック)

さて、テラスを設計する時に気をつける事は、周囲の視線を遮る場所を確保し
安心して過ごせる配慮を怠らないことですね。

BBQをする時、道路を歩いている歩行者の視線や隣家の2階窓から見下ろされる
視線などは、極力排除する事でテラスが使いやすく、
頻繁に利用される場所となります。

d0217833_15442874.jpg

コンクリート壁で遮る

d0217833_15444443.jpg

縦格子で遮る

d0217833_15445715.jpg

建物とコンクリート壁を活用して遮る

どんな敷地でも、工夫次第でアウトドア リビングが実現出来ますよ♫
[PR]



by kitazakis | 2017-03-08 15:47 | 日常 | Comments(0)

ラウンジピット

居間の隣にラウンジピット、、、、今回は『海門』紹介です。

d0217833_10244490.jpg

階段下の空間を利用しつつ、窓越しにテラスがある場所を
ラウンジピットにしました。
こうする事で、ラウンジピットが予想以上に広く感じられます。

d0217833_10245080.jpg

西日差し込むラウンジピット
床はコンクリート打ち放し 床暖仕様
コンクリート蓄熱力生かして、冬の暖房機器変わりになります。

d0217833_10254795.jpg

キッチンから柱越しにラウンジピットが見え、子供たちを遊ばせていても
目が届きますね♫
d0217833_10264578.jpg

左がキッチン、中央廊下、右にラウンジピットの空間構成

d0217833_10262195.jpg

階段から見下ろしたラウンジピット
広さ5帖程度、将来居間からフラットな床を施工して、客間などにも利用可能です。
木製の階段は、床に固定せず移設が簡単♫

詳しくはこちらのウェブサイトに掲載です(こちらをクリック)
[PR]



by kitazakis | 2017-03-08 09:23 | 海門 | Comments(0)

クリとサクラ

d0217833_10223934.jpg


自邸隣に『クリハウス』建設から3年目、、、、
2棟が建ってから四季折々の風景を写真に収めてきました。

そこで、2棟が仲良く並んで建つ姿をウェブサイトに掲載しました。

詳しくはこちらをクリックです!
[PR]



by kitazakis | 2017-03-07 08:18 | デザイン | Comments(0)

函館の建築家です。日々の建築デザインや好きな車,日常の出来事を掲載してます。
by kitazakis
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

ブログジャンル