函館の建築家 『北崎 賢』日々の仕事と遊び

カテゴリ:建築家提案( 21 )




続 サハリン スパリゾート

さて不思議な依頼を受け湖畔リゾートのデザイン検討に入り、
数週間後デザインを提案。

めったに出来ないリゾートホテルのデザイン検討は、意外と楽しく
予算の事も考えず思い切り設計に没頭しましたね。
d0217833_11125069.jpg

スパリゾートエントランス。
湖畔の傾斜地に埋め込まれたような目立たない建築を
湖畔沿いに配置する計画案。
右に湖畔を見ながらエントランスを通り、、、、

d0217833_11364672.jpg

エントランスから室内に入った直後の風景。
右に湖畔が見えます。
円形レンガ壁は、あえて湖畔風景の見えない閉鎖的な『バー』
d0217833_111306.jpg

円形のレンガ壁を右に見ながら進むと、湖畔一望のラウンジ。


d0217833_11365391.jpg

d0217833_11365061.jpg


2つのデザインが異なる客室。
長期滞在に対応出来るよう20帖程度の広さを最低限確保し、浴室/客室
どこからでも湖畔を一望出来る。

d0217833_1113940.jpg

湖畔水面との一体感を味わえる露天風呂。

d0217833_11131316.jpg


個性的な岩盤浴。

以上の提案を半ば『遊びながら』製作し、実業家に提案、、、結果は、、、、

『気に入ったのですぐに建築したい! で 建築費どのくらい??』
おおよその金額を伝えた後は特に進展がなく、コンドミニアムのインテリアデザイン
を依頼され、そちらに掛かり切りになりスパリゾートはそのまま自然消滅(笑)

今振り返っても不思議な仕事でしたね、、、、、
しかし、その頃の仕事依頼の半数はこんな実現不確実な仕事ばかりで翻弄されて
いましたが、『サクラハウス』を設計する糧にはなったのでは??と考えています。
[PR]



by kitazakis | 2017-08-19 08:39 | 建築家提案 | Comments(0)

10年前のサハリン スパリゾート

データ整理をしていたら懐かしいプロジェクトの画像データが、、、、
d0217833_13422969.jpg

10年前のロシア『ユジノサハリンスク』
縁あって、リーマンショック前の好景気だったサハリンへ。
今思えば不思議な仕事の数々でしたね(笑)
コンドミニアム、フィットネスクラブ、オフィス、建売住宅、、、、
設計や現場監理が仕事ではなく、デザインアイデアを提案し
デザイン案を参考に現地で実際に形にするという仕事だったかと記憶します(笑)
詳細な図面も現場打ち合せも特に無い『不思議な仕事』
普通なら胡散臭い仕事内容なので断るのでしょうけど(今なら断るかも)
経験のない土地で、文化の異なる方々と仕事が出来る面白さに惹かれ
現地へ行きました。
d0217833_13422553.jpg

d0217833_13423327.jpg

これから発展していく勢いを感じる活気を街から受けましたね。

現地の実業家の案内で、サハリン市街地や現在稼働中のサハリン2(ガス油田)
プラント工場の見学(東南アジアの労働者多数!!)、実業家の別荘滞在、、、、
仕事の話がメインではなく、半分旅行気分の滞在でした。
d0217833_13561678.jpg

サハリン産ガスの輸出拠点となる当時建設中のプラント工場が遠くに見える
d0217833_13562075.jpg

流氷が浮かぶ海、、、多分海の向こうは稚内だと、、、、、思います。

そんな実業家に連れて行かれた山中の湖畔
d0217833_13583840.jpg

道ばたに車を停め、けもの道を歩いて10分くらいで
美しい景色が広がる湖に到着。

『ここにスパリゾートホテルを作りたい』と実業家

『は???言っている意味がわかんないですけど、、、』 僕

『この美しい湖畔沿いに高級リゾート作りたい』実業家

『ええ!! 道路もインフラも整備されてないけど??』  僕

『大丈夫! 行政と打ち合せながらインフラ整備出来ると思う』 実業家

『とにかく湖畔に建つホテルのデザインイメージと
アイデアが欲しいからよろしく!』
 実業家

普通ですと、こんな依頼でデザイン案や設計案を作りません、、、
しかし、あまりに突拍子も無い不思議な話すぎたのか(笑)
『分かった! デザインするよ!』 と快諾してしまい、
日本へ帰国するのでした、、、

次回につづく。

d0217833_14123180.jpg

こんな綺麗な景色はそのままにするべきだと思うのですが、、、、
サハリンは、手つかずの自然が一杯の素敵な土地なので、、、、
[PR]



by kitazakis | 2017-08-18 08:18 | 建築家提案 | Comments(0)

60代からの家づくり 『寝室編』

60代からの家づくり、、、『寝室編』です。
要望として出されるのが、夫婦別室の寝室ですね。
就寝パターンの違いから別室にして欲しい要望が出されます。

ただ、完全別室だとお互いの気配がまったく伝わらず、就寝中
の急変への対応が遅れたりしますよね、、、、

d0217833_915119.jpg

そこで、12帖の寝室中央にクローゼットを設置します。
クローゼットも夫婦別々です。

d0217833_9145499.jpg

クローゼット上部を空け、天井はお互いの部屋を繋いでいます。
緩やかに区切り、『それとなく』お互いの気配を感じる設計です。

d0217833_9154731.jpg

クローゼット背面の寝室

今後の生活環境に合わせて、クローゼットは撤去可能な造りになってます。
意外と30代の家づくりでも、最初に広い(15帖くらい)夫婦寝室を設計して、
子供が小さい時は一緒に就寝、、、子供の成長に合わせてクローゼットで
間仕切りする事で、将来の生活パターンに配慮した家づくりが可能ですね。

先週末も盛況だった、
オープンハウス受付中です。
d0217833_9241230.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-06-19 09:28 | 建築家提案 | Comments(0)

『趣味男子の家』

『自立女子の家』に引き続き、趣味の為の小さな空間建築
『趣味男子の家』プランを検討中です。

人生100年、、、と言われる現代、住宅以外の遊べる空間を持つ必要性が
出て来るかもしれません。

そこで、小さくても自分だけの空間を住んでいる住宅敷地内や徒歩圏内の
小さな敷地などに作るならどんなデザインになるか提案予定です。

イメージコンセプトは、、、
d0217833_9595973.jpg

書籍に囲まれた空間

d0217833_9594198.jpg

愛車を眺める空間

d0217833_1011789.jpg

静かに読書が出来る空間

d0217833_1014661.jpg

シャワーブースがあっても良いかな、、

まずはデザイン検討を重ね、ブログにて発表予定です。

d0217833_1025295.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-06-02 10:03 | 建築家提案 | Comments(0)

コンドミニアム デザイン2

先程紹介したコンドミアムの連棟バージョンです。

d0217833_10123581.jpg

『円開口』の配置を変えた4棟が立ち並ぶデザイン

d0217833_10122945.jpg

平面プランも4棟別々に設計します。

d0217833_10122330.jpg

4棟並ぶと存在感ありますねー

ロシア サハリンでは実現しませんでしたが、今建てるならニセコに
コンドミニアムとして建設可能なデザインかなーーー と思ったりします。

このデザインは、2007年にデザイン提案しました。
その後リーマンショックで実現に至らなかったですねー

今になっては、懐かしい思い出です。

今年は実現させたいですね
[PR]



by kitazakis | 2017-05-16 13:19 | 建築家提案 | Comments(0)

コンドミニアム デザイン1

独立して12年経つと様々な計画案をデザインし、ボツになってきました(笑)
提案しないと仕事は実現しないので、絶えずデザインアイデアを切らさず
考え続けないといけませんね。

年末らしくデータ整理をしていると、
『ボツ案』が沢山あってもったいないのでブログ掲載します。

今回は、ロシア サハリンに提案したコンドミニアムです。
デザインの新鮮さや個性を尊重してくれるクライアントのおかげで
実現しませんでしたが、面白いデザインを提案出来ました。

d0217833_1015484.jpg

d0217833_1021781.jpg


鉄筋コンクリート造 3階建て
1階にカーポート 2階リビング/テラス
3階に個室群/バスルーム
各階に吹き抜けを設けた立体的な空間構成です。
日差しが吹き抜けを介して様々に入り込み、3階建ての構成を際立たせます。
正面デザインは『ランダムな円開口』により、室内のプライバシーを守り
『円開口』から見える景色は、独特なものとなりますね。
d0217833_102839.jpg

コンドミニアムらしい、非日常性に富んだデザインを目指しました。

さらにこの建築を連棟で建てるデザイン案を追加提案しました。 

つづく
[PR]



by kitazakis | 2017-05-16 08:09 | 建築家提案 | Comments(0)

建築工事における気密工事とは?

d0217833_10441414.jpg



『断熱材を入れると暖かくなる』

『断熱材を沢山入れると、暖房費が掛からなくなる』

もちろん正解、、、、

しかし!

d0217833_10442461.jpg


気密工事がしっかり施工されていないと、断熱材も効果を上げません。

家に入り込もうとする、冬の冷気を極限まで少なくする工事を得意に
する工務店への仕事依頼が重要になります。


キタザキ アーキテクツが、重視している気密工事について
こちらのブログに詳しく掲載しました。(ここをクリック)
[PR]



by kitazakis | 2017-04-24 08:38 | 建築家提案 | Comments(0)

設計料について

d0217833_1441442.jpg


気になる設計料について、、、、
ウェブサイトに詳しく設計料/建築工事の流れを掲載する事にしました。

詳しくはこちらをクリック
[PR]



by kitazakis | 2017-04-19 14:04 | 建築家提案 | Comments(0)

地場材でログハウスを作ろう!

d0217833_8405786.jpg

地場材の道南杉を活用してログハウスを作る。
そんな話から今回、建築家ならどんなログハウスが可能なのか検討、プレゼンとなりました。
オーソドックスなログハウスは,僕でなくても出来るデザインなので,
そこから抜け出た新たな解釈のログハウスを考えてみました。
d0217833_8415796.jpg

丸太の外壁の上に大きく張り出した『白い板』のような屋根が印象的な外観。
そして屋外から室内へ貫かれた壁は間仕切りも兼ねています。
ログ構造の良さを生かしたデザインを計画しました。
d0217833_8423260.jpg

ログハウス室内風景です。
右の壁を隔てて個室群と人の集まるスペースを分けています。
屋外まで貫かれた壁によって広がりと一体感が生まれます。
d0217833_8433033.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-04-07 15:08 | 建築家提案 | Comments(0)

設計事務所の仕事

設計事務所に仕事を依頼すると、どんな仕事をしてくれるのか?
キタザキ アーキテクツの場合を簡単に紹介です!

『デザイン性の高い建築を作る』
d0217833_1040383.jpg


クライアントの要望や敷地、周辺環境を味方に、オリジナルな建築を構築する事

d0217833_10432198.jpg

バーなど 店舗デザインも主要な仕事の一つ

『高い気密性能/断熱性能を標準仕様とする』

高い気密性能/断熱性能を実現する為には、技術力が確かな工務店との
仕事が欠かせません。

見えない工事途中の施工チェックも キタザキ アーキテクツの重要な仕事です。

d0217833_1046545.jpg

気密層を貫通する電気配線が、しっかりとコーキングで密閉されているか確認
写真撮影して、後日クライアントに書類で報告します。

d0217833_10492526.jpg

窓廻りへのテーピングによる気密施工
d0217833_10493325.jpg

壁下地の継ぎ目へのテーピングによる気密施工
d0217833_10491791.jpg

これでもか!! というくらい『しつこく』テーピングします。

ここまで気密施工をしてくる工務店を探します。
クライアントの指定が無い限り、キタザキ アーキテクツが工務店を紹介します。

もし、クライアントが指示する工務店の場合、工事前に気密施工の方法を
事前に念入りに打ち合わせます!

d0217833_10535746.jpg

d0217833_1054587.jpg

工事現場で撮影した写真は、報告書にまとめ完成時に2部製作します。
一部をクライアントに渡し、もう一部はキタザキ アーキテクツが保管します。
これが、『新築時における住宅履歴書』となります!

壁の裏側の施工状況や、天井裏の気密施工の状況など
完成したら見えなくなる場所をしっかりと報告書にまとめる、、、

建築のデザイン性以上に、高い気密性能/断熱性能を重視しています。

これが、キタザキ アーキテクツの日々の仕事です。
詳しくは、オープンハウスにて説明しております。

お気軽にお越し下さいね。
d0217833_10585966.jpg

[PR]



by kitazakis | 2017-03-31 08:34 | 建築家提案 | Comments(0)

函館の建築家です。日々の建築デザインや好きな車,日常の出来事を掲載してます。
by kitazakis
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

ブログジャンル