函館の建築家 『北崎 賢』日々の仕事と遊び

狭小住宅『光の壁』CG編

今年も様々な建築案を製作し、ボツになった建築案も多数ありました。

建築案は『ボツ』になっても、様々なデザインアイデアを生み出す
チャンスになりますから、クライアントの熱意ある依頼があれば、
建築案を提案したくなるのは職業病ですね(笑)

紹介する建築案は、、、、

間口 3.2メートル!
奥行き 22メートル!!

細長い敷地への建築案でした。
d0217833_9383120.jpg

間口3.2メートル 右に外壁 左にトランスが載ったごつい電柱、、
挑戦したくなる敷地ですねー
d0217833_9381185.jpg

隣家からの落雪をコンクリート壁で遮り、エントランス空間を確保。
隣家を交わしながら、圧迫感の無い斜めの白壁とします。

d0217833_9381659.jpg

電柱を交わして眺望を楽しむ大きなトリプルガラスを配置して、
建築基準法をクリアする為の、窓を配置したレンガの塔を2本建てます。

レンガの塔とブラウンの薄い壁、窓と壁開口を適所に設けます。

d0217833_9382278.jpg

敷地形状、隣家への配慮、建築基準法の影響、電柱の存在、、、、
外的要因で建築デザインが完成したようにも思えますねー

レンガの塔やブラウン外壁、窓の配列、、、、 
この敷地だけのオリジナルデザインだと思います。

いつも思う事ですが、クライアントと敷地によって考え出される
建築案は毎回違う、、、 個性的な建築が出来る訳ですねー


函館で狭小住宅検討の方、、、、、オープンハウス開催中ですよ。

d0217833_9483842.jpg

[PR]



by kitazakis | 2016-12-14 09:55 | 建築家提案 | Comments(0)

函館の建築家です。日々の建築デザインや好きな車,日常の出来事を掲載してます。
by kitazakis
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

ブログジャンル